https://ishiiyoshika.typepad.com > photo's

« photo'sへ戻る

陶芸の村

陶芸の村

陶芸の村

ルアンプラバンから小船に乗って20分ほど行くと対岸に陶芸の村がある。その村に着くと、村民がバドミントンのような羽を足で蹴ってバレーボールのようなものをしていた。
ちょっと奥へ行くと、上半身裸の青年が汗だくになって大人分の体積ほどある粘土の上にのっかって全身の力を込めて足でこねていた。
炎天下の中、肌が黒光りしていて、均整の取れた筋肉から汗が玉のように噴き出していた。
その奥の家の中ではこうやって手で陶器を作っていた。
ラオスの街角にある植木鉢はみな渋い茶色の陶器。笹とか竹とかが植わっていて、違和感なく風景になじんでいる。
日本のプラスティックの植木鉢に比べてなんて立派なんだろう。。

個別ページ