https://ishiiyoshika.typepad.com > dubai

« dubaiへ戻る

ドバイの人口構成

ドバイの人口構成

ドバイは今までわたしが行った国の中で一番調子がつかめなかった国。
というのは、現地のカルチャーに触れるというのが難しいところ。
普通だったら路地をちょっと入ればご当地のお菓子だったり、食べ物だったりを買い食いしたり、現地のお店の人や子供たちと話したりすることができる。
ところがこのドバイ、人口の9割が外国人!
ほとんどがインド人、パキスタン人の建設作業員で
その他がホテルやレストランで働く外国人。
外国人とはいってもネパール人や、バングラディッシュ、ビルマ人、ベトナム人、中国人など
ホテルなどのメイドさんの国籍を聞くとまるでアジアの地図の名前を順々に読んでいっているみたい、
どこもアジアの中でも所得の低い国からの出稼ぎだ。
ホテルのゲストリレーションの人は日本人から韓国人などひとつのホテルの中だけでも国連になりそうなくらいの国籍だ。
ところで現地の人はというと、まるで貴族のように振舞っている。
エレベーターの中でドバイの民族衣装を身を包んだ
家族の中の女性と目があってにっこりすると
まるで「わたしはあなたと身分がちがうのよ。気安くしないでちょうだい」
といわんばかりの振る舞い。
ショッピングモールに出かけても若い女性は黒い民族衣装に身を包んで
グッチやプラダなどのショルダーバックを肩にさげ
アイライナーを試したり、マスカラを試したり、アイシャドウをぬったりと
洋服にかけるエネルギーが少ない分化粧にエネルギーをかけまくり。
目が合っても「ふん」という感じで女の子だけでつるんでいて
ドバイの人間じゃない人は人間じゃないというくらいの感じであるいていく。まるで渋谷のヤマンバギャルみたいです。

個別ページ